逃避日記73

金字塔

ふと「金字塔がピラミッドのことを指してるのは知ってるのだけれど、何故『金字』なのだろう? 『全字』でも『舎字』でもよさそうなのに」といったことが気になってあれこれと調べておりました。現実逃避の果てにとある文献に行き当たったので紹介をしようかと思います。

「金字塔」の由来とそのイメージ形成(pdf) - 陳 力衛

長いので先の疑問への回答部分だけを要約すると、「中国南方では三角形ないし錐体状のものを『金字』と表現することがあり、それを元にPyramidの訳語として『金字塔』という語が当地で作られて日本に移入された」ということだそうな。何故金なのかは結局のところ「見た目それっぽいから」ないし「語呂がよかったから」辺りの範囲を出なさそうです。

逃避日記なので内容が逃避になっててもそれはそれで仕方ないのですが、何ともよくわからない逃避をしたものだなぁ… と思いました。

句読点問題

句読点の配置には案外書く人の癖が出るので、これは上手くやれば文末の処理よりも一人称の文体の特徴出しに使えるのではないか といったことを考えています。上手く使えれば面白いのではないかと思う一方、歩き方や声の発し方を意図的に変え続けるようなものなので使いこなすのは難しいかもしれません。

具体的には

普段の書き方

句読点の配置には案外書く人の癖が出るので、これは上手くやれば文末の処理よりも一人称の文体の特徴出しに使えるのではないか といったことを考えています。

読点を意図的に追加する

句読点の配置には案外書く人の癖が出るので、これは上手くやれば、文末の処理よりも一人称の文体の特徴出しに使えるのではないか といったことを考えています。

句点を意図的に追加する

句読点の配置には案外書く人の癖が出ます。これは上手くやれば文末の処理よりも一人称の文体の特徴出しに使えるのではないか といったことを考えています。

句読点を意図的に追加する

句読点の配置には案外書く人の癖が出ます。これは、上手くやれば文末の処理よりも、一人称の文体の特徴出しに使えるのではないか といったことを考えています。

ではこの特徴の出し方をした時にどういう印象になる? と訊かれると自分の中で統一的な見解が作れていないので何とも言えないのですが、ともあれ頭の隅に残すためにも書き出しておきます。

逃避日記72

今日も今日とて遠い日々

書き物は進んでおりません。これについて詳細を書こうかとも思ったのですが、書き出してみれば夏休みの宿題に手を付けられない理由をつらつらと述べる小中学生の弁明のようでもあり、別に義務から書かねばならん物でもない筈なのに何を言い訳しているのかという気分になったりもしたのでなかったことにしようかということで全削除。なかったことになりました。

ま、そんな感じでぼちぼちやっております。

逃避日記71

過ぎる8月、進まぬ筆

いつもの通り、書き物が進んでおりません。

こうも行き詰ってしまうと「私は本当に書き物をしたかったのか?」といった疑問も頭を過るものの、何とかいつもの通りにならないように手を打っていきたいとは思います。なかなか実践が伴いませんが。

あれからの体調

結局βブロッカーは数日中に動悸が粗方治まってしまったため、おっかなびっくり数日飲んだ後は飲まないままに診察を受ける形になりました。どうも主治医の方も症状からして全部飲むとは思っていなかったらしく、残余分の有無を訊かれた後は「余った分は頓服的に服用してよい」との指示を受けました。

どうも7月末にやらかした際に胃腸を相当痛めていたらしく、その復旧に今しばらくかかりそうな按配となっております。

逃避日記70

まとまらない

カフェインの中毒症状をやらかして以来、暫く動悸がひどく思考どころか寝るのも起きるのもままならない状態が続いておりました。

書き物の方は少しずつ進めているのですが、どうも書き出してみると「これは何か違う」「前提の設定と書きたいシーンの内容がそもそも矛盾していることに気付く」といった感じで一進一退しております。籐やら竹やらで籠を編むのに際して、最初の据わりが悪くてなかなか組み上がらない状態に近いというか何というかあまり上手い喩がありませんがともかく暗中模索している状態です。

こればかりは試行錯誤していくしかないのですが、どうも光明が見えない感覚が続いてます。さてどうしたものやら。

逃避日記69

不安定な体調

PC壊れてからのパニックを鎮めるために飲んだ酒類とカフェイン類が相乗効果で悪さをした結果、脈が乱れた状態が続いております。一時は星が見えました。医師からはβブロッカーの処方が出るなどかっ飛んだ対応がされておりますが、そのお蔭か一応の収束を見せつつあるのではないか といった状態です。ただしこの処方、本当に良い解なのかと訊かれると非常に悩ましいところ。何しろ心臓の薬ですし…。

どうも消化器にも相当なダメージが行ったらしく、そちらの影響でダメージが来てる感もあります。

とまあ、そんな訳でオフラインモードに徹します。しばらくは紙上かテキストエディタ上で小説でも練っていようかと。

逃避日記68

逃避中逃避

有体に言えば「酒よ全てを許したまえ」。無論のこと、酒は許しこそすれ救ってはくれない。

肝機能は落ちる。はてさてそれをどうしたものか。酒以外の回避手段となると愈々メジャートランキライザー様のお出ましになりかねないのだが、それに関しては聊か以上の躊躇いとトラウマがある。であれば肝機能低下を甘受するべきではあるまいか? といった理屈にて内々にて処理している次第。

ま、それはさて置き飲んだ暮れてしまいさえすればある程度の平穏が確保できる状態には移行できました。移行といってもおっかなびっくり乗船体験状態なので、データの移し替えと環境構築は最低限にして借りた環境でぐだぐだやっております。

個人的なことを言うなら、週末に予定されてた家族間和解に向けた食事会を主に私の体調から辞退することになってしまったのが残念なのですが、それはそれというか親父殿のコミュニケーション能力に期待するしかないというかまあそんな感じです。私は一家の中ではそれなりに弁が立つ自信あるんだけど、どうもそれ以外が弁が立たないというか何言いだすか判らないのがなぁ… とまあ、そんな感じですわ。

逃避日記 67

PC飛んだ、色々飛んだ

長らくメイン機として使ってたPCがお亡くなりになりました。具体的にはHDDが逝きました。カコンと鳴って、読み出し不能のオサラバ状態です。

でまあ、ちょうど精神的に不安定だった時候もあり酷いパニックの発作をやらかし、カフェインの過剰摂取で吐血までやらかし、数日経つものの食えるのは粥くらい といった状態が続いております。

幸い新PCを払い下げ形式で受け取ることができたのもあり、新環境への移行はスムーズだったのですがそこに至るまでに捨てたデータへの割り切りとかまあ諸々ありました。だからといって何なのですが、今しばらく不安定な状態が続くものと推察されます。ひとまずお察しくださいませ。

アクロバティック魘され

うっかりうたたねをしてしまっていたら、妙に物語性の高い夢を見てしまったらしく酷く感情移入していたのか起きてから取り乱す といった訳のわからない状態になっていました。

今回の夢は青春冒険活劇とスペースオペラとSFがいい感じのミックスをされた切ない感じのストーリーだったはずなのですが、起きて取り乱した状態から回復していくに従って手元から砂が零れるが如くディティールは失ってしまいました。

以前なんぞ変な儀式の手伝いに動員されて写経をやってたら、写経などしたことがなかったのもあって失敗作を濫造してしまい「この下手め!」とひたすらお叱りを受ける くらいにはディティールを覚えてたのに非常に残念です。

それこそ、覚えて書き出せたなら、そこそこの大作になってたかもしれないのになぁ…。